白峯のソース

IT なことのメモなど

WiMax モバイルルーター WX04 を固定回線の代替にする(という遊び)

f:id:hakuhou-src:20190303105839j:plain

はじめに

 

※当記事は、なんやかんやで WiMax sugeee→こっから登録するとお得だよ、のアフィリエイトではありません

 

自宅Bのソフトバンク光の契約が満了した。せっかくなので、しばらくデータ専用SIMで運用してみることにする。

屋内配線は残したが、どうせ転用扱いにはならず新規の工事費がかかるからだ。

 

筆者は、平日は自宅A、休日は自宅Bにいる。

自宅Aは家の造りが特殊で大工事をしないと光回線を引けないことが確定し(エアコン穴も、無い)、しばらくADSL運用が決定した。

最近、ADSL人口が激減したのか、意外とADSLが速くてお得なのだが、しょせんは2023年1月末までの栄光。やはり、長期にはしっかりとした回線を用意しておきたい。

ちなみに、方針としては、決定的にケチりたいわけではないが、無駄は無駄。平日、Webカメラnasneしか駆動しない自宅Bに光回線はいかにも無駄である。

 

そこで、データSIMだ。5Gには固定回線も無線化される(かも)と言われている。

会社は快適な無線LANが設置されており、ソフトウェアアップデートやらは会社でやれば良い。

また、動画もあまり観ない。それに、観たい動画は会社でダウンロードしておくという手もあるだろう。

 

データSIMの選定は、調べに調べた挙句、結局無難(?)なIIJmioになった。

当初、b-mobileの190PadSIM予定だったが、使っただけ課金の段階定額プランは節約意識が強く働く。

むしろ、ガンガン使っても余るのが理想だ。

無駄は省きたいが、窮屈な思いはしたくないのだ。

 

IIJmioになったのは、ヨドバシカメラの店員さんからのオススメだったからなのだが、たまたま初期費1円とギガ増量キャンペーをやっており、試しやすかった。

だが、意外と1,500円や2,500円プランが選びやすく、なかなか気に入っている。

現在は、ファミリーシェアプラン12GB月2,500円で、Docomo SIM × 1 と au SIM × 2で利用している。ひとつは自宅A、ひとつは自宅B、ひとつはDual SIM Androidの#2 SIM(バックアップ)として使う感じ。

 

次はルーター探しだ。

自宅Bは既に持っていたNEC MR04LNとクレードルで固定回線代わりにしており、不都合は感じていない。

自宅AはADSLが通っているが、たまに高速モードが欲しくなるので、こちらも物理切替で利用する形でモバイルルーターが欲しい。

最新機種である必要はないので中古で安いMR04LNとクレードルをまた買おうかと思ったが、同じのを2台買うのもつまらないし、中古とはいえ10,000円超えは確実だ。

そこで、人柱覚悟で別の機種を探すことにした。

 

結果的に、自宅A用ルーターとして、NEC WX04というWiMaxルーターに行きついた。クレードル付きで8,000円強であった。

おそらくこの場合、正攻法では中古4,000円ぐらいで買える Huawai Speed Wi-Fi HOME L01だろうが、いかにも通信傍受チップが入っていそうなフォルムのため国産品にした。

また、モバイル型にしておくと、持ち出して使うこともできる。

買った中古のWX04は【UQWiMAX版】とあった。

WX03まではau LTEは使えないそうだが、WX04は「ハイスピードプラスエリアモード」が使え、au LTE帯も使える。

ネットでざっと調べると、WX04はSIMフリーで、UQモバイルのSIMも使えるとの情報があった。

IIJmioau SIMも使えるのではないかと踏んだのだ。

 

結果

 

前置きが長くなった。さっそく結果である。(試した順)

 

サービス 回線 プラン 合否
UQモバイル au データ高速プラン(3GB/month) ×
LINEモバイル Softbank LINEフリー(1GB/month)+ 音声
docomo docomo ビジネスベーシックシェアパック
+ カケホーダイライトプラン
FUJI Wifi Softbank SIMプラン (20GB/month)
IIJ mio au ファミリーシェアプラン(12GB/month)

 

最初、UQモバイルで使えなくてかなり焦った。「UIMカード未挿入または無効です。」と表示される。

初期不良を疑い返品まで考えたが、「クイック設定 Web」から「現在の情報」を見ると、電話番号は取れている。どうやら端子周りの物理的な不具合ではなさそうだ。

調べてみると、UQモバイルの「IMEI制限」なのではないかという説に至った。

そこで、LINEモバイル等を試したら問題なく使えたのである。

UQWiMAX版なのに?と思ったが、まぁ元は何処で売ってたかわからない中古だ。仕方あるまい。

ちなみに、docomoの△はSIMは認識出来るがインターネットには接続できなかった。WX04のAPN設定画面で、spmode.ne.jpのユーザー名とパスワードが空にできないことによるものだが、回避方法は他にもあったかもしれない。

 

まとめ

 

なんにせよ、初期不良でなくホッと一安心である。使用感も今のところ良好である。(ネットでは散々言われているが…。)

結局、ソフトウェア的には同じNECというところもあり、MR04LNに酷似しており、お試し感は薄い(笑)

速度はそれなりだが、時にADSLより遅い(笑)

…が、この辺りは、昨今のトラフィック事情から考えると仕方ないだろう。

ちなみに、ソフトバンク光もそんなに速くなかった(笑)

自宅Bはそれなりに田舎である。「ハイスピードプラスエリアモード」の効果は高く、電波状況の改善につながっている。

 

結果、WX04は固定回線の代わりとして使えそうだ。

もちろん、周波数帯はauのそれであるため、docomo SIMやSoftbank SIMには向かない。

また、家族で使うなど、月の使用ギガ数が10GBを軽くオーバーする場合はやはり光回線が良いだろう。(筆者はぶっちゃけ、持ち歩き用のFUJI Wifiがあるのでどうとでもなるのだが、FUJI Wifiもときに遅いことがある。)

だがそれよりもなによりも、注意すべきはUQモバイルSIMだろう。

一見、同じau系なので、使えそうな印象があるし、そういう情報も多い。

WX04を使うなら、IIJmio au SIMがオススメである。(今回は未確認だが、おそらくmineo au SIMも使えるのではないか。)

ちなみに、IIJmioauデータSIMは黒色ではなくて白色だった。VoLTE対応SIMではなくてはいけない等の情報があったが、その辺りの真相は不明である…。

error MSB8020 や stdio.h が見つからないエラー

Visual Studio も色々なプラットフォームをサポートするようになって、便利になったと同時に複雑化した。

今までの Visual C++ ではあまり意識しなくてよかった SDKSDK のバージョンを意識しなくてはならなくなった。

 

以下のようなエラーが出たら…

 

・error MSB8020: Visual Studio 20XX (プラットフォーム ツールセット = 'vXXX') のビルド ツールが見つかりません。…

・'stdio.h':No such file or directory

 

プロジェクトのプロパティの[構成プロパティ]→[全般]をチェックしよう。

 

(1) [ターゲット プラットフォーム]は意図したものになっているか?

(2) [Windows SDK バージョン]はインストールされている SDK か?

(3) [プラットフォーム ツールセット]はインストールされているものになっているか?

※ Windows10 なら 10 向けに設定しちゃった方が無難

 ※ (2) と (3) はプルダウンからあるものを選択するのが無難

 

新規作成すればたいていは問題ないが以下の場合は注意が必要かも

・古いプロジェクトを継承している

・Git などで別の環境とソースを共有/管理している

SSD運用などで容量が足りない(無駄な SDK をインストールしたくない)

 

上記のエラー、あまりネットで情報が出てこなかったのでメモ的に記述

役に立ったら Star とかシェアとかお願いします

VAIO Z の SSD を 512GB に交換

f:id:hakuhou-src:20180514232221j:image

VAIO Z (VJZ1311)の SSD を 256GB から 512GB に換装した。

 

作業時間約3時間。ほとんどが待ち時間で、特につっかえたとこなし。

 

手順は以下の通り
1) Windows で回復ドライブ(リカバリディスク)をUSBメモリに作る
2) Windows 標準機能でシステムイメージを外付けHDDに作成
3) SSDを載せ換える → 分解方法は別に検索してね
4) 回復ドライブから、イメージでシステムを復元
5) Windows を起動し、diskpart で不要なパーティション(回復パーティション)を削除する
6) パーティションを最大まで拡張する

 

かかったお金
・512GB SSD (MZVKW512HMJP) 約¥31,000
・32GB USBメモリ 約¥2,000
・ポータブル 2.5インチ 1TB HDD 約¥6,300 → 後にデータバックアップディスクとしても流用

 

買うときのカスタマイズで SSD 512GB を選択すると、+¥65,000 だから、アリかな〜。
分解するときドキドキするけど。

 

あ、そういえば、組むときネジ2本足りなかった…。

Visual Studio 2017 の MSB4044 エラー

f:id:hakuhou-src:20170724154049j:plain

 

はじめに

 Visual Studio 2017 Community ではじめて「共有ライブラリ (Android, iOS)」プロジェクトを Windows から Mac 上でリモートビルドしようとしたら、

 error MSB4044: "GetRemoteClCompileItems" タスクは、必要なパラメーター "RemoteRootDirectory" に対して値を指定されていませんでした。

 というエラーが出て、うまくビルドできなかった。

意外と情報が少なくて困ったのでメモ的に書いておく。

 

iOS を使用してビルドするためのツールのインストールおよび構成

要するに、↑上記リンクの設定を正しくやればよいだけである。

 

ざっくり手順

(0) (Mac 上で…) Xcode, Visual Studio をインストールし、Xcode では iOS アプリをインストールできるようにしておく(証明書のインストールなど)

(1) Node.js をインストー

(2) vcremote をインストー
 ※ sudo npm install -g --unsafe-perm vcremote

(3) vcremote 起動
 ※ homebrew インストールする?なんちゃらを聞かれてたら y キーを押してインストー

(4) 表示された PIN コードをメモる

(5) (Windows 上で…) Visual Studio のメニュー バーで [ツール]、[オプション] 、[クロス プラットフォーム]、[C++]、[iOS]、[ペアリング] に必要な情報を入れる
 ※ 「ピン留めする」はおそらく誤訳で、上記 PIN コードを入れる

(6) ビルドする

 

おわりに

ずっとこれらの Xamarin だと思ってたが、よく考えたら C ソースコードだった、というのが誤解ポイントだった(笑)

天下のゲイツVisual Studio でも、この辺りの新しい、クロスプラットフォームなどの情報はまだまだ少ないですな。

 

Buffalo WXR-1750DHP でソフトバンク光の IPv6 接続してみる

f:id:hakuhou-src:20170403160728j:image

はじめに

 

ソフトバンク光では、「IPv6 高速ハイブリッド」(IPv6 IPoE + IPv4 PPPoE)接続というものをサポートしている。

これは、今の時代背景からいうと当たり前のサービスの割には、「光BBユニットレンタル 月額467円」というオプションに入っていないと利用できないという、ちょびっと落とし穴感のあるサービスで、ソフトバンク光で安いキャンペーンをやっているときも頭の中で「…でも、プラス月額467円」とつぶやいた方が良いかもしれない。

 

筆者の場合、IPv6 のこの料金は加入当時からわかっていたことなので、好奇心としてはまぁよかろうと思っていたのだが、まさかこの光BBユニットの WiFi 利用まで有料オプションとは思っておらず、当初 WiFi が使えず光BBユニットの故障まで疑ってしまった。

その後、調べてみると、「Wi-Fiマルチパック 月額990円」というものが必要のようで、合計すると、IPv6WiFi という今では当たり前といえそうなサービスに対して月額約1,500円の追加料金が発生することが判明した。

今だったら、WiFi の機器は2,000円も出せば買えるので、毎月990円払う気にはなれない。
しかし、なによりまた更に機器が増えるのは、見栄えや消費電力を考えると少し抵抗があった。

 

そこで、調べていて行き当たったのが「Buffalo WXR-1750DHP」である。
GMOとくとくBB」というサービスの「v6プラス」がどうやらこの WiFi ルーターを無料でレンタルしているらしかった。
光コラボといえど、足回りは同じフレッツ光
ソフトバンク光でも使えるだろうと当たりをつけてみた。

f:id:hakuhou-src:20170403073244j:plain

 値段は約1万円だが、毎月990円払うよりは良いし、すっきり1台にまとめられるのが良い。

また、このブログのネタになるだろうと思った(笑)

 

接続する前に、光BBユニット と接続している Windows10 PC が IPv6 接続できてるのか確認する。
ソフトバンクからは「IPv6 IPoE + IPv4 加入済みである」という通知はすでにもらっている。
が、Windows10 がどうも IPv4 でしか接続できていない。有線で接続しても同様。

結局あれこれ調べたら、光BBユニットの IPv6 が有効になっていなかった(笑)
なんだそりゃ…。
光BBユニットは遠隔操作されているかのように、ソフトバンク側からオプションをオンオフする挙動を見せるが、IPv6 は違うらしい。
あまり使ってほしくないのだろうか?
なんとなく、IPv6 の月額料金を払いつつも、これを知らずにこのまま使っている人、いそうだな~。

 

なお、せっかくなので、通信速度を計測すると、うちの環境では IPv4 の方が早かった(笑)

 

使ってみた

 

それでは、WXR-1750DHP に置き換えてみよう。
開封し、光BBユニットを外し、その代わりに WXR-1750DHP を接続する。
特に難しいことはなかった。

管理画面が時に応答しなくなり再起動、というトラブルが3,4回あったが、他は特に問題なし。
IPv6WiFi も問題なく使えるようになった。

 

接続設定は以下の通り。

IPv4
[PPPoE 接続]
・接続先名称:SoftbankFtth (これは任意に決められるが日本語は使えないようだ)
・接続先ユーザー名:(ソフトバンクから提供されているもの)
・接続先パスワード:(ソフトバンクから提供されているもの、または、自分で変更したもの)

IPv6
[インターネット@スタートを行う] or [NDプロキシを使用する] ※どちらでもNDプロキシ接続になった
(デフォルト設定のまま)

f:id:hakuhou-src:20170403170043j:plain

 

これで、光BBユニットともおさらば!と行きたいところだが、「光BBユニットレンタル 月額467円」を解約してしまうと、「IPv6 高速ハイブリッド」も解除されてしまう。

う~む…。

 

おわりに

 

その後、ルーター上で IPv6 の有効/無効を切り替えて、IPv4IPv6スピードテストをしてみると、やはり IPv4 の方がやや高速な傾向が出た。
筆者の地域と時間帯の影響もあるようだが、少なくともうちの環境では IPv4 PPPoE の方が混雑しているということはないようだ。

iPhoneWiFi で接続し、IPv6 接続テストをしてみたら IPv6 接続できている、と出た。

ついでにスピードテストをしてみると、IPv4IPv6 では速度差は出なかった。
どうやら、WiFi の方が速度のボトルネックになっているようだ。

 

というわけで、WXR-1750DHP への換装は成功した。
噂によると、光BBユニットの WiFi はあまり強力ではないようなので、同時設足数などを考えても WXR-1750DHP の方が良さそうだ。

 

それにしても、「光BBユニットレンタル 月額467円」にこの月額費を払う魅力があるかといわれると少々疑問だ。
無料ならまだしも、少なくともWiFi含め月額約1,500円もの料金は筆者は払いたいとは思えない。

なんやかんやじわじわと月額費を値上げしたい施策なのでは?と思ってしまう。

回線の品質や Yahoo! BB ADSL の頃からのブランド安心感で選択したので、基本サービス自体には今のところ不満はないのだが…。(ちなみに、筆者はソフトバンクケータイを個人では使っていないので割引目当てではない。)


もう、光BBユニットレンタルを解約してしまおうか?

ネット中が「光BBユニット解約するな」的なノリの中でこんなこと書いてしまって、数日後に黒メガネの男が筆者の前に現れないか少し心配である(笑)

Nintendo Switch を My Nintendo Store で真っ赤にしてみた

f:id:hakuhou-src:20170319111756j:image

 はじめに

 

話題の Nintendo Switchニンテンドー スイッチ)。

発表時からコンセプトが好きなので買うことは決めていたが、Amazon で予約してさくっと手に入れるのも味気ないので、売り切れだの品薄だのの騒ぎも楽しむ意味で発売日以降に手に入れることに決めていた。

 

3月3日、発売日。

My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)で購入すると、色をカスタマイズできるとの話を聞いた。

青と赤の2色カラーも如何なものかと思いグレーモデルでいいかな、と思っていたが、色をカスタマイズできるとのことで、フルレッドにしてみた。

3月3日の20時過ぎに予約注文。3月17日までに到着するとのこと。

(後の噂によると、3月3日の早い時間には予約を締め切っていたらしい。夕方前からカスタマイズ画面を開いていたために20時過ぎにも予約ができたのであろうか?→ウェブのセッション数で既定予約打ち切りシステム?)

 

f:id:hakuhou-src:20170317111416j:plain

3月17日夕刻、本当に商品が届く。

少し遅れても文句言わないのに日本人て律儀。 

 

開封の儀

 

f:id:hakuhou-src:20170319093615j:image

全体的に赤い。

 

f:id:hakuhou-src:20170319094213j:image

開けようとすると、ファーストガイド的なものが書いてあった。新しい手法だろうか。

箱の裏には「My Nintendo」のロゴが。これは、他店舗で買った場合も同様なのだろうか。

 

f:id:hakuhou-src:20170319094304j:image

本体登場。まぁ、タブレットですね。

 

f:id:hakuhou-src:20170319094328j:image

Joy-Con とストラップも赤い。というか朱色かな。

 

f:id:hakuhou-src:20170319094745j:image

Joy-Con とストラップをくっつけてみた。

微妙に色が違うように見えるが、中身が少し透けているからかもしれない。

 

f:id:hakuhou-src:20170319094919j:image

さっそく充電してみると、本体が起動した。

初期セットアップに入る。

 

f:id:hakuhou-src:20170319095013j:image

初期セットアップ。

特にわかりにくいところはない。

 

f:id:hakuhou-src:20170319095104j:image

おや、今度は Joy-Con を外せという。

 

f:id:hakuhou-src:20170319095125j:image

なるほど、片手で操作できるのはこれはこれで快適。

 

f:id:hakuhou-src:20170319095327j:image

セットアップ終了。

 

f:id:hakuhou-src:20170319095343j:image

さっそく本体のアップデートをしてみる。

我が家の ADSL では 24 分かかるという。

放置しておいたら本来がスリープし、ダウンロードに失敗したという。

仕方ないので、以降はたまに操作してスリープに入らないようにして、更新を終えた。

ADSL には世知辛い世の中ですな。

 

f:id:hakuhou-src:20170319094829j:image

そういえば、箱に何か入っていた。

カレンダー? 

 

f:id:hakuhou-src:20170319095440j:image

ポスター?

 

f:id:hakuhou-src:20170319095451j:image

のようなカレンダーでした。

 

その後、ニンテンドーアカウントの連携を試みるが、ここで少々つっかかった。

ニンテンドーネットワーク ID を入れていたからなのだが、My Nintendo Store で両アカウントは購入時に連携したと記憶していたが…?

 

パソコンのウェブブラウザからマイニンテンドーを見てみると、ストア購入時のセッションが残っていて、ユーザー情報を見ることができた。

見てみると、ログインID とパスワードが「未設定」だという。どうやら、ニンテンドーネットワーク ID から移行できたのはメールアドレスだけだったようだ。

その後、ログインID とパスワードをパソコンから設定したら、Switch でもログインできた。

 

3DSニンテンドーネットワーク ID を使っていた人は(別物であるとの表記はあるにせよ)混乱するかもしれない。ここは、ニンテンドーネットワーク ID を入れたとしても、ニンテンドーアカウントと連携させるようにシステム化できなかったのだろうか?

もしかしたら、ニンテンドーアカウントを別に作り、のちにニンテンドーネットワークID と連携させるのが正規ルートなのかもしれないが。

 

それにしても、「マイニンテンドー」「マイニンテンドーストア」「ニンテンドー e ショップ」など、似たような名前が多い気がする。

   

おわりに

 

意図せずシャア専用っぽくなってしまったが、別段筆者はガンダムファンというわけではない。

が、赤だけモデル、青だけモデルが欲しいおひとり様ユーザーは、My Nintendo Shop で買うのは良い選択肢かもしれない。

 

ちなみに、ソフトは他店舗で買った方が安そうだ(笑)

Dyson V6 Top Dog を買う

はじめに

 

またまた購入日記である。

今回もアフィリエイトなどしているわけではないので、これを見て買うもよし、買わぬもよし、である。

それにちなんだ広告が記事に表示されるかもしれないが、筆者は関与していない。

 

今回はクルマの車内掃除をしたくて、ハンディークリーナーを買った。

ハンディークリーナー自体は3台目ではあるが、今までのものはどうもパワーに欠ける印象があったので、会社で使っていて満足度が高かったダイソンにした。

 

使ってみた

 

ダイソンの直販で購入。

この日、たまたまセールをやっていて2万円台だったように思う。

 

さっそく充電して、クルマの清掃をしてみた。

 

f:id:hakuhou-src:20170313195222j:image

 

やはりなかなかの吸引力で、むしろ皮?のシートに少し跡がついてしまう場面も。

でも気をつければ問題なく、足元の砂も強力に吸い取ってくれた。

 

f:id:hakuhou-src:20170313195349j:image

 

ちょうどクルマまるまる掃除したところで充電が切れたので、駆動時間は15分程だったのではないだろうか。

必要十分である。

 

おわりに

 

感想としては、まぁ、音はうるさい。

キュイーンというサイバーな音がする。

 

あと、色が毒々しい。

王蟲でいえば間違いなく攻撃色という奴だろう。

 

f:id:hakuhou-src:20170313195635j:image

 

というわけで、普段は棚の中で虫除け…にならないとは思うが気分的に威嚇してもらうことにした。

 

あと、じいさんになって餅を喉に詰まらせたときも活躍してもらおう。

 

価格、性能ともに満足のいくものであるといえる。