読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白峯のソース

IT なことのメモなど

Thunderbird の既存アカウントに対するメッセージ保存形式を mbox から maildir に変換する

Tech Tips

はじめに

Thunderbird Portable をクラウドドライブで運用していると、メールデータを1ファイルで管理する mbox 形式は、通信量を増大させ、コンフリクトも発生させやすくあまり適切とはいえない。

しかし、最近の Thunderbird はメールひとつひとつを個別のファイルで管理する maildir 形式をサポートしている。

ただし、新しいアカウントのデータ保存形式しか設定できない。

つまり、既存アカウントの1ファイルで管理する mbox 形式からのコンバーター(変換ツール)は存在しない。

そこで、手動で移行することになる。以下はその手順である。

なお、同様の手順で逆の maildir → mbox も可能であると思われる。

※以下の方法は、WindowsThunderbird Portable を想定している。MacThunderbird の場合はファイルパスの形式が変わってくる点に注意。

手順

【設定例】
名前:aaa bbb
Windowsユーザー名:ccc
メールアドレス:username@domain.dummy
パスワード:xxx

※これらの値は使用環境に合わせて変えること


(0) バックアップを取る

 Thunderbird を終了する
 Thunderbird フォルダ毎 ZIP 圧縮するなりしてバックアップコピーをとる

 …終わったら、Thunderbird を起動する


(1) 新しいアカウントから保存形式を maildir に変更

 ▽ 「ツール」 → 「オプション」 → 「一般」タブ → 「高度な設定」

 新しいアカウントのメッセージ格納形式:メッセージ単位 (maildir 形式)


(2) 既存の mbox アカウントの設定を変える

 ▽ 「ツール」 → 「アカウント設定」 → username@domain.dummy アカウントを開く

 アカウント名:
     例えば、
      username@domain.dummy
     であるのを
      username@domain.dummy (mbox)
     などに変更する

 ▽ 「ツール」 → 「アカウント設定」 → username@domain.dummy アカウントの「サーバ設定」

 「新着メッセージがないか起動時に確認する」: OFF
 「新着メッセージがないか ?? 分ごとに確認する」: OFF

 サーバー名:
     例えば、
      domain.dummy
     であるのを
      mail999.domain.dummy
     などに適当に変更する


(3) 新 maildir アカウントを作る

 ▽ 「ツール」 → 「アカウント設定」→ 「アカウント操作」 → 「メールアカウントを追加」

  あなたのお名前:aaa bbb
  メールアドレス:username@domain.dummy
  パスワード:xxx
  パスワードを記憶する:ON

 「続ける」をクリック

 「手動設定」をクリック
  ※ここで IMAPPOP3 を適切に設定すること。

 「詳細設定」をクリック

 ▽ 該当アカウントの「サーバ設定」へ

 メッセージの保存先:
     ここを新しい保存先に設定する
     ここでは
      C:\Users\ccc\Creative Cloud Files\Thunderbird\Data\profile\Mail\username@domain.dummy_maildir
     とする
     ※上記は、Adobe Creative Cloud の場合.環境によって、Thunderbird 前のパスは変わる
 
 ※この段階では新着メッセージの自動受信は OFF にしておいた方が良いだろう…。

 「OK」をクリックして、Thunderbird を再起動する。


(4) 新 maildir アカウントへ mbox アカウントのメールをコピー(★実質ここが mbox → maildir 変換)

 ▽ Thunderbird を起動し、一度、新 maildir アカウントの username@domain.dummy からどこか適当にテストメールを送っておく

 ▽ アカウント“username@domain.dummy (mbox) ”から“username@domain.dummy”へメールを手動コピーする

 (旧フォルダを開いて、メッセージを全選択し、新フォルダにドラッグ&ドロップ)
 
 対象フォルダは以下の通り 
 ・受信トレイ
 ・下書き
 ・送信済みトレイ
 ・迷惑メール
 ・ごみ箱

 ▽ アカウント“username@domain.dummy (mbox) ”と同等のメッセージフィルタを“username@domain.dummy”に設定する

 ※これは残念ながら手動で行わないとならないようだ…。

 ※この段階で新着メッセージの自動受信を ON にすると良いだろう…。

(5) 旧 mbox アカウントを削除する

 ▽ 「ツール」 → 「アカウント設定」 → “username@domain.dummy (mbox)”を選択 → 「アカウント操作」 → 「アカウントを削除」

 ※なお、アカウントを削除しても、メッセージデータフォルダは
   C:\Users\ccc\Creative Cloud Files\Thunderbird\Data\profile\Mail\username@domain.dummy
  に残っているので、データ移行に失敗していても、「メッセージの保存先」を設定した mbox アカウントを作れば救出可能。


★上記操作をして、表示されるアカウントの順番が変わってしまうことがあるが、設定エディタやアドオンで変更可能である。
 詳しくは「thunderbird アカウント 順番」で Web 検索されたし。